持続できる資格試験勉強の秘訣

やる気が出る!資格試験の勉強法

やる気が出る!資格試験の勉強法

資格試験を受ける目的は人それぞれです。資格を取得すること自体が目的の人もいれば、仕事に活かすため、あるいは就職に活かすための人もいます。資格試験に合格するためには効率的に勉強をすることが必要ですが、その勉強を前向きにするための動機づけも重要です。資格試験に合格するための前向きな勉強法をご紹介していきます。

やる気が出る!資格試験の勉強法

記事一覧

テキストは新品を

テキストは新品を資格取得のために勉強を始めるのならば、参考書や過去問題集などのテキスト類は新品のものを用意することをお勧めします。中古書店や知り合いからテキストを入手することがあるかもしれませんが、それを使うよりも、新品のテキストを自分で購入するほうが、「さあ、やるぞ!」という気持ちが強くなり、継続的に勉強をする気持ちになれるからです。さらに法令の改正などでテキストの内容が変わることもありますので、勉強を始める時には、その時点での最新版のテキストを用意するようにしましょう。MORE

勉強する場所の確保

勉強する場所の確保資格取得は、じっくりと取り組むまとまった時間の勉強と通勤時間や移動時間などの細切れ時間の勉強の組み合わせで進めていくと効率的です。まとまった時間で勉強するときは場所の設定も重要です。自宅で集中してやることができればそれに越したことはないのですが、自宅はテレビやインターネットや本など誘惑が多いのも事実です。その誘惑に負けそうなのであれば、図書館やファミリーレストランで勉強をすると捗るでしょう。インターネットカフェやカラオケなど個室のあるところで目先を変えて勉強するのもたまには気分転換になります。MORE

やる気の動機づけ

やる気の動機づけ資格取得の勉強のきっかけが、「会社の方針でその資格がないと昇給も昇格もできないから」ということであれば、仕方なくやっているのかもしれません。仕方なしにやる勉強は効果があまりありません。きっかけが会社の方針であっても、勉強をしていくうちに新しい知識を身につけることが出来て、それを喜びに感じることができれば自発的な勉強へと転換されていきますので、学習効果は上がっていきます。自分で自分に対する勉強のご褒美を用意するというのも意外と効果があるものです。動機づけに工夫をしてみましょう。MORE

試験直前にやってはいけないこと

試験直前にやってはいけないこと試験直前になると、どんなにしっかり勉強をしてきても合格できるかどうか不安になるし、自信もなくなってくることもあります。そんな時に、不安にかられるままに新たな参考書や問題集などを購入して勉強する、ということはやってはいけないことです。試験直前には新たな知識を加えようとするのではなく、今までの勉強の見直しと復習をして、知識を確固たるものにする期間です。同様に力試しと称して、難問に挑戦するのも調子を狂わせるきっかけになりますので慎むようにしましょう。MORE

おすすめ記事

効率を上げる息抜き
効率を上げる息抜き

資格試験の日が決まっていて、それに向かって毎日勉強に取り組んで行くことになりますが、休みなく続けていこうとすると、どこかで緊張の糸が切れて挫折してしまうこともあります。そうならないために、試験日から逆算して、勉強の計画を作っていきましょう。その計画の中には息抜きとなる休養日も明確に設定しましょう。MORE

ノートは作らない
ノートは作らない

勉強の仕方は人それぞれですが、お勧めしない勉強法があります。それはテキストを読みながら、その要約をノートに記述して覚えるやり方です。テキストのまとめをノートに記述するのには時間がかかりますし、その作業の疲労感で勉強を十分にした気持ちになってしまうからです。実際には、ノートに書き写した内容は記憶されていないことが多く、時間のわりには報われない作業なのです。MORE

目標得点の設定値
目標得点の設定値

どんな資格試験にも合格の基準があります。その基準は満点に対して○○%以上の得点と言った形で示されています。試験勉強する側もその基準をしっかり把握して、自分が何点とればいいのかという目標得点を決めて、勉強を進める必要があります。満点を取らなくても合格基準をクリアできれば合格ですから、バランス良く科目ごとの目標を決めておきます。MORE

ページトップ